11月上旬配信【電子書籍】くろは おうさま

目の見えない子が感じている豊かな世界を描く、真っ黒な美しい絵本。
『くろは おうさま』はメキシコ生まれの美しい絵本。真っ黒な紙に、銀色の文字と、光沢のある透明なインクのレリーフによるイラストと、点字によって書かれた文章が印刷されています。

そこに広がっているのは、目の見えないトマスが感じている“色”の世界。視覚障碍者と言われる人々にとっての色とはどんなものなのか、どんな感覚として伝わっているか、どんな風に認識されているか。トマスという男の子の素朴な言葉と、触れることのできる美しいイラストで描かれ、全ての感覚を使って感じ取る、色の世界の豊かさを伝えてくれます。

紙製本版には、日本語版のみのオリジナル点字シート付録が付きます。

【受賞歴】
・ボローニャ国際児童図書展 ラガッツィ賞(ニューホライズン部門) 2007
・ニューヨークタイムズ・ベスト・イラスト賞 2008


《著者・訳者プロフィール》

文:Menena Cottin(メネナ・コティン)
作家・アーティスト。
1950年、ベネズエラ生まれ。グラフィックアートをベネズエラのカラカラにあるニューマン・デザイン学校で学ぶ。後にニューヨークのパーソン・デザイン・スクールで児童書の創作とイラストレーションを、プラット・インスティトゥートでアニメーションを学び、児童書の制作を始める。
本書は14言語に訳され、世界各国で幅広く読まれている。

絵:Rosana Faria(ロサナ・ファリア)
イラストレーター・グラフィックデザイナー。
1963年、ベネズエラ生まれ。ニューマン・デザイン学校でグラフィックアートを学ぶ。20冊以上の児童書のイラストを書いているが、“さわることができる”本の描画が彼女の大きな挑戦であることは間違いない。

訳:宇野 和美(うの・かずみ)
翻訳家。
大阪生まれ。出版社勤務を経て、スペイン語圏の本の翻訳に携わる。バルセロナ自治大学大学院修士課程修了。訳書に『マルコとパパ』(偕成社)『ちっちゃいさん』(講談社)『太陽と月の大地』(福音館書店)『おにいちゃんとぼく』(光村教育図書)他多数。再話絵本に『まめつぶこぞう パトゥフェ』(ささめやゆき絵 BL出版)がある。


《書籍の詳細について》
http://thousandsofbooks.jp/project/zenobia/


《電子書籍のお届けについて》
先行発売予約受付中。11月上旬配信予定。
PDFファイルでの納品となります。
購入された方には電子書籍ダウンロード用のリンクをメールでお送りいたします。リンクをクリックすると画像認証のページが立ち上がりますので、画像に表示されている文字をフォームに入力し、ファイルをダウンロードしてください。


《電子書籍の読み方について》
http://thousandsofbooks.jp/faq/#ebook


《この書籍について》
書名:くろは おうさま
文:Menena Cottin(メネナ・コティン)
絵:Rosana Faria(ロサナ・ファリナ)
翻訳:宇野 和美(うの・かずみ)
発行:株式会社サウザンブックス社
発行年:2019年
ISBN:978-4-909125-14-9

¥ 2,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料

    全国一律 350円

※1,800円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する